豆乳ローションの効果

豆乳ローションはひげの抑毛に効果があります

ムダ毛ケアローションとして販売されている「豆乳ローション」
豆乳から抽出した成分が配合されていて、ムダ毛を徐々に細く薄くする効果があり、一般的には「脱毛ローション」として販売されています。

 

実際に、豆乳ローションの抑毛効果は確かなもので、僕も長く使っていますが、モジャモジャでヒゲ剃り後には青ひげになっていた顔が、今ではカッコ悪い青ひげもなくキレイな肌をしています。

 

顔写真

 

でも何で豆乳ローションはムダ毛を薄くする効果があるのでしょうか?

 

今回は、豆乳ローションの抑毛効果の秘密についてご紹介します。

 

豆乳ローションの抑毛効果の秘密

 

僕が使っている豆乳ローションは「パイナップル豆乳ローション」という商品です。

 

パイナップル豆乳ローション

 

大豆イソフラボンに抑毛効果

 

豆乳から抽出した「高濃度大豆イソフラボン成分」が、毛穴の奥にある発毛組織(毛乳頭・毛母細胞)に浸透して、ひげの生成を抑止します。

 

パイナップル豆乳ローションの効果

 

ひげの生成が抑止されることで、ひげの伸びるスピードが遅くなったり、新たに生えてくるひげが薄く細くなっていきます。ひげが薄く細くなることで、太くて濃いモジャモジャした印象がなくなるし、青ひげも薄く目立たなくなっていきます。

 

なぜ大豆イソフラボンに抑毛効果があるのか?

 

ムダ毛の濃さに関係するのがホルモンのバランスです。男性ホルモンが多いとムダ毛は濃くなり、女性ホルモンが多いとムダ毛は薄くなります。

 

女性ホルモンの主成分となっているのが「エストロゲン」という成分で、大豆イソフラボンはエストロゲンに非常によく似た構造を持っています。

 

そして、大豆イソフラボンにもエストロゲンのようにムダ毛を薄くする効果があることが、最新の研究で明らかになっています。

 

抑毛成分のあるローションでムダ毛を薄くする仕組みは、S.S.C方式の光脱毛と同じです。

 

SSC光脱毛

 

S.S.C方式の光脱毛は、抑毛効果のあるジェルを塗って、光の熱で毛穴の奥の発毛組織まで浸透させて脱毛します。

 

豆乳ローションは光脱毛のような即効性はありませんが、毎日使い続けることで大豆イソフラボンの抑毛効果が浸透して、徐々にムダ毛が細く薄くなっていきます。

 

豆乳ローションは使い続けることで効果を発揮する

 

豆乳ローションは使い続けることで効果を発揮します。

 

1日2日使ったところで効果は実感できませんが、2ヶ月、3ヶ月と使い続けるうちに、ヒゲでゴツゴツだった肌が滑らかになって、ヒゲ剃り後の青ひげが目立たなくなっているはずです。

 

ヒゲは豆乳ローションで薄くすることができます。

 

ぜひまずは3ヶ月を目安に使い続けてみてください。

 

ローション注文ボタン