肌が弱いヒゲ対策

ヒゲ剃りは肌に負担がかかります

ヒゲ剃りは肌に大きな負担がかかります。

 

カミソリでもシェーバーでも、刃を肌に当てながらヒゲを剃っていくので、どうしても肌表面も一緒に削ることになってしまいます。

 

敏感肌など肌が弱い人だと

 

  • カミソリ負けのヒリヒリした痛みが続く
  • 肌荒れしてゴツゴツした肌になってしまう
  • 毛嚢炎になったりニキビができやすくなる

 

といった症状が出てしまいます。

 

社会人になると、ヒゲを毎日剃ることは当たり前の人がほとんどです。その毎日のヒゲ剃りで、上記のような悩みでストレスを抱えている人も少なくありません。かといって、ヒゲを剃らずにボーボーのままにしておくわけにもいきません。

 

敏感肌など「肌が弱い人」は、どのようなヒゲ対策をすればいいのでしょうか?

肌が弱い人のためのヒゲ対策

肌が弱い人のためのヒゲ対策をご紹介します。

 

ヒゲ剃り前は蒸らす

ヒゲ剃り前に蒸しタオルなどで顔を蒸らして、ヒゲを柔らかくしておきましょう。

 

ヒゲが硬い状態のままだと、どうしてもカミソリの刃の力が均一になりにくく、ヒゲにひっかかるような状態になってしまいます。その状態で無理やりヒゲを剃るので肌への負担も大きくなってしまいます。

 

カミソリにしても電気シェーバーにしても、ヒゲ剃り前にヒゲを蒸らして柔らかくしておくことで、カミソリの刃がスムーズに通るようになり、肌への負担が少なくなります。

 

電気シェーバーの場合は、ヒゲ剃り前に使うローションなどを塗るのも効果的です。

 

電気シェーバーを使う

 

カミソリと電気シェーバーを比較すると、電気シェーバーの方が肌に優しいです。

 

T字カミソリの場合、カミソリの刃が直接肌に当たる形になります。
一方電気シェーバーは、シェーバーの網の部分が肌に当たって、カミソリの刃の部分は直接肌に当たりません。

 

もちろんその分、カミソリよりも深剃りはできないのですが、肌への影響を考えると、電気シェーバーの方が断然肌に優しくなります。

 

ヒゲ剃り後のアフターローションを使う

 

ヒゲ剃り後に必ずアフターローションでケアするようにしましょう。

 

アフターローションには、肌の回復を早める成分や、カミソリで傷んだ肌の炎症を抑えて滑らかな肌をキープする美容成分が配合されています。

 

アフターローションを塗るようにすれば、カミソリ負けの痛みはすぐに治まるし、ヒゲが濃い男性特有のゴツゴツした肌にもなりません。滑らかなキレイな肌が持続するので、ヒゲも剃りやすくなって、よりカミソリの負担のかからない肌になっていきます。

おすすめのアフターローション

肌ケア効果に優れているおすすめのアフターローションは「パイナップル豆乳ローション」です。

 

パイナップル豆乳ローション

 

当サイトトップページで「ひげを抑毛する脱毛ローション」としてご紹介してますが、美容成分も配合されていて、ヒゲ剃り後のケアに抜群の効果があります。女性も使う脱毛ローションだから、肌ケアの効果も重視されているわけですね。

 

もし、すでに他のアフターローションを使っていたとしても、パイナップル豆乳ローションにしてみてください。

 

  • カミソリ負けの回復効果
  • ゴツゴツした肌を滑らかな肌にする肌ケア効果
  • ひげを細く薄くする抑毛効果

 

これらの効果で、カミソリ負けの痛みや肌荒れがストレスになることはないし、黒くて硬いヒゲが細く薄くなっていくので、ヒゲの濃いイメージがなくなり青ひげも目立たなくなっていきます。

 

肌が弱くヒゲ剃りにストレスを感じているのなら、ぜひパイナップル豆乳ローションを試してみてください。

 

ローション注文ボタン