青ひげが目立つ理由

気持ち悪い印象を与える青ひげ

ヒゲ剃り後に青々とした肌が目立つ「青ひげ」
ヒゲが濃い人は特に青ひげが目立ちます。

 

しっかりヒゲを剃って清潔にしているのに、周りの人からは「不潔感がある」「気持ち悪い」と見られることもあります。なにより、自分自身がカッコ悪い青ひげが嫌じゃないですか?

 

でも、なんでヒゲをしっかり剃っているのに青ひげになってしまうのでしょうか?

 

青ひげの原因と目立つ理由

青ひげの原因

青ひげは、毛穴に残るヒゲが原因です。

 

どんなにキレイにヒゲを剃っても、毛穴の中にはヒゲが残ります。

 

毛穴に残った黒いヒゲが、皮膚を通して透けて見えるときに「青い色」になって見えてしまいます。これがヒゲ剃り後の青ひげの原因です。

 

そのため、青ひげを完全に無くすためには、ヒゲ自体を完全に無くすしか方法はありません。

 

青ひげが目立つ理由

毛穴に残るヒゲが青ひげの原因ですが、青ひげになる人・ならない人がいます。その違いはなんでしょうか?

 

青ひげになる人・ならない人、青ひげが目立つ人・目立たない人の違いは、ヒゲの濃さです。

 

ヒゲが濃い人は、ヒゲ自体の太さが太くて濃い黒色をしてます。またヒゲの量が多くて密集しているので、皮膚に透けて見える青さが濃くなって青ひげが目立つようになってしまうんです。

 

ヒゲを抑毛すれば青ひげは薄くなる

 

青ひげを完全に無くすためにはヒゲを無くす必要があります。これはヒゲ脱毛などをしなければヒゲは無くなりません。

 

ですが、ヒゲを自分で薄くすることはできます。

 

それが、抑毛効果のある脱毛ローションを使った青ひげ対策です。

 

パイナップル豆乳ローション

 

脱毛ローションには、毛穴の奥の発毛組織(毛乳頭・毛母細胞)に働きかけてヒゲの成長を抑止する「抑毛効果」があり、毎日使い続けることで、徐々にヒゲの成長が遅くなって薄くなっていきます。

 

ヒゲが完全に無くなることはありませんが、細く薄くなっていくので、青ひげもだんだんと目立たなくなり、普通にしていれば青ひげがない状態まで抑毛されます。

 

ヒゲ剃り後に目立つ青ひげは、毛穴に残る太くて黒いヒゲが原因です。
この「太くて黒いヒゲ」をできるだけ薄くしてやることで、青ひげは自然と消えていきます。それを自分でできるのが、抑毛効果のある脱毛ローションの効果です。